食べ過ぎで顎ニキビ!摂生は大事だと今なら声を大にして言える口コミ

10代の頃は、食べ過ぎると顎ニキビができてました。
特に下顎に良くできていた、と思います。
痛みなどはほとんどなく、気付いたらできているという感じでした。

できてしまうと、「あぁ、食べ過ぎたなぁ...」という罪悪感に苛まされました。
身体からの警告にも思えて、結構怖かったです。

その後は反省して食べ過ぎを抑えるように頑張るのですが、やっぱり食べ過ぎて...以下、エンドレスで同じことの繰り返しに...

食べ過ぎもニキビができる原因の一つなのですが、食べるものによっても顎ニキビの出る出ないは分かれます。
当たり前なのですが、油脂分の多いものを食べると、出やすくなります。
焼肉なんか食べた翌日は、バッチリ顎に発芽します。

食べた時間でも変わります。
やはり、夜に食べた方が出ます。
飲み会の後などは、そりゃぁもうてきめんに発芽しまくりです。
できれば、昼に飲み会してほしいけど、さすがに無理ですからねぇ。

今は老けたし、若い頃よりも脂っこい食事をしなくなったしで、顎にニキビなんてできなくなりました。
よっぽど変なものを食べたり、爪で思いっきり引っかいたりしない限りはできません。
あれはある意味、若い頃のありあまるエネルギーだったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA